スタートアップや
起業前後のオフィスの選び方とは?

「スタートアップ」には何かと出費がかさみます。まだ世にないアイディアで人々を幸せにするためにも、毎月かかる費用は、上手に抑えたいですね。しかし融資や求人などで有利になるためには、なるべく一等地にオフィスを構えたい…。それではどちらも叶えられるオフィスの選び方のポイントはどこでしょうか?

スタートアップが
オフィスの条件として選ぶこと

イニシャルコスト

スタートアップの最初から通常の賃貸オフィスを契約するのは、金銭面で大きな負担となります。そのような場合、シェアオフィスを上手に活用することで「働く場所」に関するコストを大きく抑えることが可能です。シェアオフィスなら、入居が困難なハイグレードビルへも、オフィスへのコストを抑え、資金を本業へ回すことが可能です。
但し、一口にシェアオフィスといってもさまざまな形態が存在します。そこで作業する人数や利用用途など、自身のニーズ内容に応じた適切なサービスや料金を見極めて利用したいものです。

立地と交通アクセス

お客様・取引先が来訪することの多い業種に限らず、主要駅に近いシェアオフィスは通勤に便利なだけでなく、ご自身や社員に多くのメリットになります。
また駅近であれば、お客様や取引先からも歓迎されますし交通の便がよく大規模で目立つ建物なら集客もしやすいはずです。
シェアオフィスを利用することで、初期コストだけでなくランニングコストも抑えて、好立地なビルに事務所を構えることができます。

設備環境

インターネットやWi-Fi環境、電話回線、OA機器、ホワイトボードなどビジネスに必要な設備や備品が充実しているかも確認しましょう。
また私物が置けるロッカーなどのレンタル可否もビジネスの質を上げるワンポイントになりますのでしっかりチェックしておきましょう。
さらにコワーキングスペース(共用ラウンジ)や会議室が利用できる場合、混雑度や騒音状況、電話の利用可否、ゲスト招待の可否などもチェック項目に入れましょう。
会議室は時間制になっている場合が多いため、混雑度も調べておきましょう。

利用用途と必要サービス

自社オフィスとして利用する場合、24時間365日いつでも利用可能かどうかも重要なポイントです。緊急対応が必要な際に、オフィスに入れなくて対応が出来ないなどの事態は避けたいところですよね。
加えて商談が多い業種にとって共用ラウンジの利便性は非常に高く、シェアオフィスを利用するメリットが大きくなります。その場合、受付の対応をチェックしておきましょう。受付の質が会社の第一印象になることも多いからです。
また、受付スタッフの有無は、時間に囚われずに仕事に集中できるかどうかにも影響します。逆に単純作業やオンライン会議が行える場所でよいのなら、受付の必要性は低いでしょう。ティーサーブや郵送物転送が必要な場合も、利用可能回数や契約に含まれるかを事前に確認しておきましょう。

オフィス選びの注意点

ランニングコスト

オフィスの賃料と同様に毎月の費用が掛かるものに「光熱費」や複合機・OA機器などの「リース費用」があります。これらは業務に必須であるとともに、オフィス経費の中でもコストが高いものです。また、インターネット設備やそれに関するセキュリティ対策にもランニング費用が発生します。
社員がいれば毎月の給与や交通費はもちろんの事、「福利厚生」も考慮する必要があります。更に法人住民税は会社に売り上げが無くても納税義務があります。税務処理を税理士に任せるのであれば、毎月の顧問料もかかります。

契約関連

シェアオフィスと契約する場合、プランや利用時間などがご自身の業務にマッチするかをしっかり検討しましょう。
家具など備え付けられ専用スペースを利用出来るタイプや、コワーキングスペース(共用ラウンジ)のみ利用可能なタイプなどさまざまです。専用スペースの方が月額の利用料は高くなりますが、その分付帯サービスも充実します。法人登録が出来るプランや、シェアオフィスの営業時間外にも利用する場合など、業務形態によってプランを選択しましょう。コワーキングスペースの場合、登記ができない場合もあるので要注意です。

法人登記等の付帯サービス

法人登記・住所利用などは、シェアオフィスを利用する起業家にとって重要なサービスです。都心の一等地に建つシェアオフィスの住所を法人登録すれば、公的な資料を始め、ウェブサイトや名刺などのビジネスツールにも記載できますので、金融機関や顧客からの信頼を得やすいというメリットがあります。仕事が獲得しやすくなることは、起業時に特に重要なポイントとなります。
また、郵送物の受け取りサービスも忙しいビジネスパーソンにとって重要です。シェアオフィスによっては別途契約や受け取り回数の制限などもありますので、契約前に良く調べる事が大切です。

セキュリティ

不特定多数が出入りする時間課金制の形態より、専用室を備え、共用部の利用も会員及びゲストに限られるようなセキュリティのしっかりしたシェアオフィスを選ぶとよいでしょう。共用エリアの防犯カメラ設置はもちろんの事、受付で利用者管理がされている、営業時間外にはセキュリティカード所有者以外は利用できない、などのサービスがあると安心です。
また、インターネット通信においてもファイアウォールでの制御が可能か、無線LAN端末間の通信が遮断されているかなどを事前に確認をしておきましょう。

シェアオフィスをおすすめしたい方

副業を本業にしようとしている方、新たに起業しようとしている方の中で「BtoB」ビジネスを検討されている方は、個人事業主ではなく、法人としての体裁を整えた方が、信用度や信頼度を考える上で有利に働きます。その際、自宅住所で法人登記する方もいらっしゃいますが、お客様・取引先、金融機関からの信用を考えると、都心のビル住所での登記は印象アップに繋がります。
このような方々におすすめなのがビジネスエアポートのシェアオフィスです。法人登記が可能で、ビジネスに必要な設備も充実しております。コワーキングスペース(共用ラウンジ)も併設してますので、同じ起業家との交流は、思いがけない出会いや新たなビジネスのひらめきがあるかもしれません。

スタートアップのオフィスは
ビジネスエアポート

業種によって必要な環境は違いますが、充実した設備や都心一等地の立地は、ビジネスの質や信頼度を高める一助になります。また、スタートアップが多い地域でビジネスを始めれば、新たな出会いと発想を生み出してくれることでしょう。そのような環境を一人で作り出すには時間と資金、手間が必要です。より多くの時間をビジネスに費やすためにも、シェアオフィスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。
ビジネスエアポートは、長期のご利用だけでなく、最短2ヶ月からのご利用も可能です。トライアル利用としてお気軽にご活用ください。また、会社設立準備中でもご入会が可能で、法人設立後、改めて法人名義に変更できます。
ぜひ、一度お問い合わせください。

LOCATIONロケーション

CONTACTお問い合わせ

エリア別の
レンタルオフィス・シェアオフィス

見学予約 問合せ