スモールビジネスとは?メリットと成功のポイントを解説

スモールビジネスとは?

「人生100年時代」と言われているものの定年の延長は進まず、定年後の雇用機会は少ないのが現実です。このような時代において、定年のない個人での起業は時代に合った選択肢といえるのではないでしょうか。
とはいえ、いきなり起業するのはハードルが高く、リスクも大きいです。そこで注目を集めているのがスモールビジネスです。
スモールビジネスとは、小規模で始めるビジネスのことを指し、フリーランスや個人事業主などが当てはまります。事業規模が小さく、少額の投資でスタート可能なのでチャレンジしやすい特徴があります。
小規模から始めるため、じっくりと学ぶ時間を取ることができますし、自身のスキルやライフスタイルを武器に変えてニッチな戦略を立てれば、事業拡大の可能性もあります。

スモールビジネスのメリット・デメリット

小規模で始められるスモールビジネスですが、ビジネスである以上、当然メリット・デメリットが存在します。
どのようなものがあるのでしょうか。

スモールビジネスのメリット

小規模でスタートするが故に投資額は相対的に少額です。金銭リスクは起業直後には大きな負担になりますので、投資額が少ないことは大きなメリットといえます。また、自身のQOLを高める働き方を自らの意思で選択できるため、仕事のやりがいが高くなる傾向があります。さらに、働き手の多様化とともに、顧客も多様化しているため、マイナーな要望にも応えられるビジネスモデルを構築すれば、他社との差別化により収益につながっていきます。

スモールビジネスのデメリット

自身のライフスタイルや好みに合わせて始められるスモールビジネスは、マッチする顧客がいなければ収益に結びつきません。小規模であるが故に知名度を上げるには努力が必要ですし、時間もかかります。社会的信用度も低いため、収入を得られるまでに時間がかかることから融資を断られる事も考えられます。

スモールビジネスを選ぶポイント

手軽に始められる分、自分自身のスキルや気持ちに寄り添ったビジネスかを判断基準にすると迷いなくスタートできるかもしれません。

やりがい

自分がやりがいを持って続けられることを選択しましょう。小規模である分、認知や収益化に時間がかかる傾向にあるので、やりがいのない仕事は続けることが難しいです。

得意分野

自身の得意分野でないとスキル不足という大きな壁にぶつかります。流行に左右されることなく、ご自身がブランドになりうるような仕事を選択することが成功のカギといえます。

スモールビジネスを成功させるコツ

ぶれずにコツコツと続けることが成果につながるスモールビジネスは、根気のいるビジネスモデルかもしれません。継続することで安定した成功を収めるためには、いくつかのコツが存在しています。

市場分析はしっかり

多様化した現代社会では、必ずニッチな市場が存在します。ご自身の「好き」や「興味」がハマる市場があるか、見極める事も大切です。すでに競合がいる場合には、市場と相手の規模を調査し、リスクが上回らないかを冷静に判断しましょう。

心が通うビジネス

痒い所に手が届く、きめ細かなサービスで競合他社との差別化を図ることが重要です。多額の広告宣伝費をかけることは難しいですが、SNSなどインターネットを活用することで、大企業には難しい人と人の心が通うビジネスを心がけましょう。

1人で経営をする際の注意点

必ず無理のない範囲でスタートしましょう。そのために注意するべき点をご紹介します。

集客

ニッチな市場を開拓するとはいえ、集客にはセオリーがあります。10~30代が多い市場であればSNSなどは効果的な集客手段となりますが、それより上の世代であれば別の情報発信が必要不可欠です。このようにターゲットにあった集客方法を見極める必要があります。

技術力

せっかく受けた仕事もスキル不足によって顧客を満足させれられなければ次に繋がりません。競合が増えないうちに…と不安になる気持ちをぐっと抑えて、スキルに不安な部分があればスクールに通う、受託範囲を絞るなどの冷静な判断が大切です。

作業フローの確立

企業で働くことと違い一人で起業した場合、すべてを自分で作業する必要があります。
仕事を受けてから困らないように、ルーチンワーク化が可能な作業は早めにフローを確立するようにしましょう。

一人で設立できる会社の形態

法人形態には、「株式会社」、「合名会社」、「合同会社(LLC)」、「合資会社」の4種類存在しますが、すべての形態が一人で起業できるわけではありません。
一人で設立可能な法人は「株式会社」、「合名会社」、「合同会社(LLC)」の3種類です。
それぞれを簡単に説明します。

株式会社

株式会社は投資家から資金提供を受け事業活動を行う形態です。
設立時に必要な人数は最低1名(取締役会を設置しない場合)であるため、一人でも株式会社を作ることができます。

合名会社

合名会社は「無限責任社員」で構成される形態です。
「無限責任社員」とは、残念ながら会社負債が発生した場合に会社の財産だけで弁済できなければ、自己のすべての財産をもって責任を負う必要のある社員のことです。ここでいう社員は従業員のことではありません。

合同会社

合同会社とは2006年の会社法改正により新しく設けられた形態です。
「出資者=会社の経営者」となり、出資したすべての社員に会社の決定権があります。
株式会社との大きな違いがこの点です。

合資会社

合資会社は「有限責任社員」と「無限責任社員」で構成される形態です。
有限責任社員と無限責任社員の両方が必要になるため、一人で設立することはできません。

スモールビジネスにも役立つビジネスエアポート

スモールビジネスは、自身のスキル等に合わせて起業ができるメリットがあり、市場にマッチすれば大きな収益を得ることもできるためチャレンジする方が増えています。
ビジネスエアポートならスモールビジネスの拠点として、コワーキングスペース(共用ラウンジ)からレンタルオフィス(専有個室)までさまざまな規模に合わせた環境がご利用いただけます。
ぜひ、一度お問い合わせください。

LOCATIONロケーション

CONTACTお問い合わせ

エリア別の
レンタルオフィス・シェアオフィス

見学予約 問合せ