1人でもレンタルオフィスは
利用できるのか?~ビジネスエアポートが選ばれる理由~

レンタルオフィスを初めてご利用される方にとって、個人でも申し込めるのか、1人用オフィスの中はどのようになっているのか、1人で借りることでどのようなメリット・デメリットがあるのかなど、不安に思われる部分は少なからずあると思います。ここでは、よくいただく質問・疑問をもとに、1人からでも快適に利用できるビジネスエアポートのメリットをご紹介します。

1人でもレンタルオフィスを
借りるべき理由

「1人で仕事をするならカフェや自宅でもいいのではないか」という考え方もありますが、カフェなどでは、他の人に電話の内容を聞かれたりPCの画面を覗かれたりして、大事な情報が漏洩する可能性があります。また、自宅住所を登記場所とするのはプライバシー保護の観点からもおすすめできません。
その点、ビジネスエアポートのようなレンタルオフィスを利用することで、機密情報管理や法人登記住所の課題もしっかり解決されます。

ビジネスエアポートを
利用するメリット

1人からでも、1日からでも使える

「必要な時だけコストを抑えてコワーキングスペースを使いたい」という方のための【1DAY会員】、「時間を気にせずコワーキングスペースを使いたい」という方のための【マスター会員】、「個室を借りずに住所利用や法人登記をしたい」という方のための【アドレス会員】など、ビジネスエアポートではさまざまなニーズに合わせたプランの選択が可能。もちろん、法人だけではなく、個人で1人からでもご利用できます。
例えば、地方から東京への出張の場合、昼間の外出後の書類作成などをビジネスホテルに戻ってからなされるケースもあるかと思います。しかし、移動などで体力を消費した中、寝床となるホテルで作業をするのは意外と難しいもの。そこでビジネスエアポートのコワーキングスペースであれば、さまざまなビジネスマンが切磋琢磨する活気のある空間でありながらも、リラックスできるスペースもあり、快適に1日のまとめ作業を行うことができるはず。ホテルには仕事を持ち帰らず、ONとOFFを分けたい、そんな方の味方になります。

ホスピタリティ溢れる常駐のコンシェルジュ

ビジネスエアポートにはホスピタリティマインドの高いコンシェルジュが常駐しています。「いってらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」など日常のコミュニケーションはもちろん、ちょっとした質問も親身に対応しています。人が介することで、単なる空間とは違う温かみのある雰囲気を感じられるはずです。

その日の気分に合わせて使い分けもできる機密性の高い個室と、開放的なコワーキングスペース

ビジネスエアポートは、1名用といっても個室・半個室・固定席などプランはバリエーションに富んでいます。また、すべての会員プランでコワーキングスペースを自由に利用できるので、「長時間同じ場所で作業するのは集中力が欠ける」と感じる時など、気分に合わせてお使いいただけます。コワーキングスペース内にはソファ席やテーブル席、仕切りのある1名席などさまざまな種類の席があるので、ぜひご自身のお気に入りの席を見つけてください。

事業フェーズに合わせたプラン変更が可能

ビジネスエアポートには、コワーキングスペース利用中心のマスター会員からスタートし、法人登記や住所利用の必要性からアドレス会員へプラン変更、その後、事務作業や荷物も増えたことから1名用の半個室の契約へ、さらに事業が拡大したことからスタッフを採用し複数名で利用できる広い個室へ、と無駄なくオフィス環境を整え、順調に事業を成長させる方もいらっしゃいます。1人での開業時だけでなく、その後の展開においても、夢を持ちサクセスストーリーを描きながら仕事に集中できるオフィス環境を活用できるのは、ビジネスエアポートの特徴のひとつです。

ここまで、ビジネスエアポートを1人で借りる場合のさまざまなメリットや使い道についてご紹介してきました。1人でのスタートアップには「アドレス会員」でのスタートにコストメリットがあるように感じますが、将来性や機密性も考えレンタルオフィスのメリットを最大限有効活用するなら、個室プランもおすすめです。ビジネスエアポートは、さまざまなタイプのプラン・個室をご用意していますので、プランにお悩みの際はお気軽にご相談ください。

LOCATIONロケーション

CONTACTお問い合わせ

エリア別の
レンタルオフィス・シェアオフィス

お問い合わせ