フリーランスとは?職種や仕事を始めるために大切なことを解説

フリーランスとは

「フリーランス」という言葉を聞いて思い浮かべるものは何でしょうか。テレビドラマの凄腕外科医?それとも劇画に出てくる超絶スナイパー?
いずれにせよ、他とは一線を画す技術を持った人たちというイメージがあるかもしれませんが、実際には誰でもなれる可能性があるのです。ここではそんなフリーランスについて紐解いていきましょう。

フリーランスの意味

中世ヨーロッパで戦争の度に、有力者と個人契約した騎士(傭兵)を「フリーランス(Free:拘束されていない、Lance:槍)」と呼んだことが始まりだといわれています。そこから組織に属さずに働くことを「フリーランス」と表すようになりました。

フリーランスの定義

現代では「企業などの組織や団体に属さず、個人として仕事に応じて取引先と契約する人やその働き方」をフリーランスと呼んでいます。依頼ごとに個人の持つ知識や技術を提供し、その対価を報酬として受け取る働き方が多いため、カメラマン、イラストレーター、ライター、デザイナーやプログラマーなどが多いのも特徴です。
近年は上記以外の業種でも自身の持つ経験や専門技術を活かした働き方をする方が増えています。スキルを活かしていれば職種を問わず誰でも「フリーランス」と名乗れるわけですね。

フリーランスの働き方

一般的な会社員であれば毎月決まった収入を得られますが、フリーランスの場合、報酬は案件によって異なり、その報酬もいつ支払われるかさまざまです。
また、会社員とは異なり、依頼主の要求に応えられるのであれば、働く場所や時間は自由に選択する事ができます。
その代わり、受注から納品まで全ての責任を自分で負う必要があるため、スケジュール管理能力等も必要になります。
このように全てが自己責任である点がフリーランスの働き方の特徴といえます。

個人事業主との違いとは

フリーランスに似た言葉として「個人事業主」というものがあります。
共に「個人で仕事をしている」という働き方には違いありませんが、税務上の区分では税務署に「開業届」を提出している人のことを個人事業主と呼びますので、似てはいますが「フリーランス=個人事業主」ではありません。

フリーランスの職種と仕事内容例

近年ライフスタイルが多様化し、コロナ禍も相まって、働く「場所」や「時間」を自由に選択できるフリーランスという「働き方」を選ぶ人が増えています。自分の好きなことを追求したり、自身で仕事量を調整したりできることも魅力の一つです。
ここでは数ある職種の中でも代表的なものを抜粋してご紹介します。

クリエイティブ系

クリエイティブ系は古くからフリーランスが多い職種で、国内外を問わず日々ニーズが拡大しています。「イラストレーター」は以前からフリーランスで活躍されている方が多く、最近はInstagramなどのSNSを通じて作品を公開し、仕事につなげる方も増えています。また、スマホの発達により「ゲーム」や「CGクリエイター」も需要が伸び続けています。さらに大企業だけでなく中小企業や店舗でもウェブサイトやロゴにこだわった差別化が一般化し、「ウェブデザイナー」や「ロゴ・グラフィックデザイナー」などの分野も依頼が増加しています。

マーケティング系

商品のキャッチコピーやカタログのライティングは、フリーランスのライターが担当することが多いです。ライティングはマーケティングに直結する部分が多く、特に急速な発展を遂げているウェブ関連のライティングは、コンバージョンを意識した提案ができる方の需要が伸びています。

ITエンジニア系

インターネットが生活に欠かせないものになったことで、「プログラマー」「システムエンジニア」「インフラエンジニア」の需要は高まる一方です。高度な専門知識を必要としますので、フリーランスとして活躍するのは難しい分野と言えます。その分、成熟した技術力があれば組織に所属するよりも、高収入になる可能性を秘めています。

フリーランスの仕事における注意点

自分のやりたい仕事を自由に選べるように思えるフリーランスですが、自由である反面、注意しなければならないことも多々あります。
組織や企業であれば調整がきくことも、フリーランスでは難しいことがあります。

収入が安定しない場合も

顧客と直接契約をする場合、売り上げはすべて自分の収入となります。上手に管理すれば、組織や企業に所属する以上の収入を得られることでしょう。しかしクライアントの要求が当初の見積もりよりも多く作業に時間がかかってしまえば、赤字になることもあるでしょうし、ご自身のスキルが時代や顧客にマッチしなければ、そもそも受注できる件数は減ってしまいます。スケジュール通りに進まない案件があれば、支払いも遅延するなど毎月安定した収入が得られないリスクもあります。

健康管理

もしも体調を崩してしまったら…。組織であれば他のメンバーに対応を代わってもらうことができますが、フリーランスの場合には簡単ではありません。特にイラストレーター、ライター、デザイナーなどは作風を買われて契約に至っているため、「代わりの人が居ない」ことも多く、特に注意が必要です。スケジュールに余裕を持つことも重要ですし、無理な受注はしないなど、うまくコントロールして進めましょう。

仕事に集中できる環境が無い

フリーランスは、いつでもどこでも仕事ができるメリットがあります。出勤を必要としない働き方であることから、自宅が仕事場になることも多いです。「子育て」や「介護」などを理由にフリーランスを選択される方も多いですね。自宅で仕事をする場合、プライベートと仕事の境目が曖昧になり仕事に集中できないなど、本来の実力を発揮できないデメリットがある事は覚悟しておきましょう。

フリーランスで成功するために必要なこと

フリーランスは「なりたい自分」を実現できる素敵な働き方です。ご自身の性格や希望に合えば、これまで以上に充実した日々を送れることでしょう。
では、成功するためには何が必要なのでしょうか?

自分を磨く

フリーランスにとって自身の持つスキルは仕事をするための重要な道具です。その技術をもとに新しいスキルを身に付けたり、常に自分自身を磨き続ける必要があります。
フリーランスに「定時」は存在しません。一日中仕事するのもよし、何もしないのも自由です。上手く時間を利用し、自分磨きの時間を作り続けることが重要です。

人脈を築く

インターネット上にあるフリーランス向けのビジネスマッチングサイトを利用して、依頼を受ける方も多いです。但し、オンラインのみのやり取りで意思疎通がうまくいかないなど、トラブルになった際に一人で対応するのは大変です。
やはり、自身の持つ人脈からの仕事を増やしていくことは安心感がありますね。
先輩や人材交流会を通じて知り合った人など、さまざまな知人からの仕事をこなしていくことで、仕事量を増やすことはもちろん、人脈も広げるようにしましょう。

仕事の環境を整える

フリーランスとして活動する場合、どこで仕事をするのか重要です。
基本的には一人で仕事を行いますので、自宅でも問題はありませんが、オンオフが付きにくく、だらけてしまう危険性も…。
また、クライアントとやり取りする際、防犯上自宅住所や電話番号を伝えるのはちょっと…という方もいるでしょう。
このような理由から自宅とは別に環境の整ったシェアオフィスを利用する方も増えています。ビジネスエアポートであれば住所利用・登記も可能なため、安心して仕事に集中する事ができます。

フリーランスの活動に重要なオフィス・仕事環境の選び方

フリーランスになるには、ご自身のスキルやスケジュール管理能力はもちろんのこと、人脈作りなどさまざまな能力が必要です。また、オフィスは仕事のクオリティを左右する大切な空間です。ではどのようなポイントを意識すればよいのでしょうか?

アクセスの良さ

プライベートから仕事に気持ちを切り替えるために、通勤時間が大切という方は意外と多いです。しかし、あまりに遠すぎると通勤が困難になりますので、長く利用することを考慮したシミュレーションを行いましょう。

集中できる環境

セキュリティが担保されプライベートが確保された完全個室や、パーテーションなどで仕切られたセミプライべート席があるかもチェックしましょう。また、コワーキングスペース(共用ラウンジ)などがある場合に、騒音が気にならないレイアウトになっているかも重要です。

整った設備

インターネット設備はもちろんのこと、ファイアウォールなどのセキュリティ対策が取られているか、お客様対応、郵便物の受取や発送などをしてくれるコンシェルジュの有無は、一人で働くからこそ効率アップに欠かせないサービスです。

住所・登記利用

オンラインのみの仕事が増えた昨今でも、資料の受取等に郵便が使われる事がありますし、名刺や契約書には住所を記載する必要があります。ご自宅の住所を記載することはリスクにも繋がりますので、登記利用ができるメリットは大きいと言えます。

会員同士の交流会やコミュニケーションサイトの存在

仕事の幅を広げるためには人脈がキーポイントになります。会員同士の交流の場で、あなたが良い仕事をすると話題になれば新しい依頼が舞い込むかもしれません。同じイベントに興味を持った人同士で意見交換ができれば、新たな視点や発想が浮かぶこともありますね。

フリーランスとしての第一歩はビジネスエアポート

自分らしく、何者にも捕われない自由な働き方として、フリーランスが注目されています。
フリーランスとして活躍できる職種もさまざまであり、自分自身の経験やスキルに自信のある方は、フリーランスとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。
ビジネスエアポートのコワーキングスペース(共用ラウンジ)は、多様な業種のフリーランスの方に利用されています。
ぜひ、一度お問い合わせください。

LOCATIONロケーション

CONTACTお問い合わせ

エリア別の
レンタルオフィス・シェアオフィス

見学予約 問合せ