汐留のレンタルオフィス

かつて貨物ターミナルであった汐留は、
今や高層ビル群に象徴される近代的なオフィス街に変化し、
「おしゃれな憧れの街」というイメージも定着しつつあります。
ここからほど近い「ビジネスエアポート新橋」では、
一般的なレンタルのオフィスとは
一線を画す上質なラウンジスペースとビジネス環境の整った個室オフィスを提供。
汐留のレンタルオフィスで、あなただけの快適なワーキングスタイルを見つけてください。

ビジネスエアポート新橋

イメージ図

都営大江戸線の汐留(シオサイト)駅と、ゆりかもめの汐留駅を擁する汐留は、東京都港区東新橋を中心とするエリア。古くは海辺の湿地帯でしたが、江戸時代の城下町建設事業により埋立地となりました。日本発の鉄道が開業された際、起点駅である当時の新橋駅が建設されたのも現在の汐留です。 1980年ごろまでは貨物ターミナルとして栄えた汐留ですが、再開発事業により、2003年にはカレッタ汐留が開業。以降、日本テレビタワー・汐留シティセンター、電通ビル、ホテルヴィラフォンテーヌ汐留、コンラッド東京、汐留ビルディングなどの企業が立て続けに移転および開業しました。これら企業が集まるエリアは「汐留シオサイト」の愛称で親しまれ、オフィスだけでなくホテルやレストラン、ショップなども多数入居する複合都市へと進化しました。
ビジネスエアポート新橋は、汐留駅から徒歩8分、JR新橋駅からは徒歩1分の好立地にあります。利用可能な路線の多さから、新宿や渋谷、池袋、品川、赤坂、神田、日本橋、さらにはお台場など、さまざまな方面へアクセス可能。銀座や虎ノ門、内幸町へも徒歩でアクセス可能です。レンタルオフィス内には、汐留・新橋の歴史を彷彿させる駅舎のレンガやスチールの架構など、ユニークなモチーフが満載。高級感あるデザインや上質なインテリアにこだわった共用ラウンジでは、心地よい雰囲気の中でミーティングや打ち合わせを行っていただけます。多様な業種が入り混じり、豊かな表情を見せる汐留・新橋だからこそ、様々なビジネスにも対応できる環境と柔軟できめ細かなサービスをご用意しています。内覧・見学の予約、費用、登記・住所利用、ご入会の流れなどについては、お気軽にお問い合わせください。

ビジネスエアポート新橋の
詳細はこちら

周辺情報

汐留のレンタルオフィスについて、
周辺情報をご紹介します。
仕事の合間に徒歩で行けてリフレッシュできる施設や、
仕事後の買い物スポットなど、
オフィスを借りる前に街の情報をチェックしておくと便利。レンタルオフィスを借りる際、参考にしてみてください。

汐留シオサイト

日本テレビタワーや電通本社ビル、汐留メディアビル、イタリア街などからなる汐留シオサイトは、汐留を象徴する広大な再開発地域です。一帯は1区から5区に区切られており、企業ビルや住宅地のほか、ホテルやショッピング街なども集積しています。各区画内の施設には、和・洋・中・エスニックなど様々なジャンルのレストランにカフェ、バー、クリニック、コンビニエンスストア、銀行、JRA ウインズなどがあり、またグルメフェスなどのイベントもたびたび開催されています。JR新橋駅や浜松町駅からも徒歩圏内なので、レンタルオフィスから気軽に足をのばしてみてはいかがでしょうか。

住所:東京都港区東新橋1-8

http://www.sio-site.or.jp/

浜離宮恩賜庭園

東京湾の海水を引き込んだ大きな潮入の池がある公園です。カレッタ汐留の高層ビル群を望む立地でありながら、緑豊かで季節の花々も楽しめる、まさに「都会のオアシス」。園内には、樹齢300年を数える荘厳な松の木や、1700年代に築造された2つの鴨場、抹茶をたしなむことができる御茶屋などがあり、散策者の目を楽しませてくれます。レンタルオフィスでのワークの息抜きにちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

住所:東京都中央区浜離宮庭園

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

パナソニック汐留ミュージアム ルオーギャラリー

松下電工(当時)が1990年代末より収集・所蔵をはじめた、画家ジョルジュ・ルオーの作品を鑑賞することができるミュージアム。約230点もの油彩画や版画作品を常設展示しており、初期から晩年にわたるルオーの画家人生を垣間見ることができます。レンタルオフィス・ビジネスエアポート新橋からは徒歩6分ほどの距離にあり、リフレッシュしたいときはもちろん、クリエイティブなアイディアを求めに行ってみるのもおすすめです。

住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階

https://panasonic.co.jp/es/museum/

日本テレビタワー(日テレタワー)

日本テレビの生放送の報道および情報番組と一部のバラエティ番組を制作するスタジオは、この日本テレビタワー内にあります。地下2階から地上2階の一部が一般開放されており、マスコットなど番組関連グッズの購入(日テレ屋)や、生放送のスタジオ見学、宮崎駿さんデザインによる「日テレ大時計」を見ることができるなど、見どころ満載です。地下2階の外広場にはベンチがあり、天気のいいお昼時にはお弁当を食べたり休憩をしたりする人の姿も。レストランやカフェも併設しているので、仕事の合間にふらっと出かけてみるのもおすすめです。

住所:東京都港区東新橋1-6-1

http://www.ntv.co.jp/shiodome/

アドミュージアム東京

世界で唯一、広告とマーケティングをテーマにしたミュージアム。江戸時代から現代にいたるまでの資料を約30万点も収蔵し、広告の持つ社会的・文化的価値を伝える活動を行っています。ミュージアムでは、広告・マーケティング関連書籍の閲覧や、デジタルアーカイブとして保存されている広告作品の閲覧ができます。JR新橋駅から徒歩5分と好アクセス。イベントや講義も行われているので、ビジネスに役立つアイデアを探しに訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:東京都港区東新橋 1-8-2 カレッタ汐留

http://www.admt.jp/

コンラッド東京

汐留、新橋、銀座駅から徒歩圏内、まさに東京の中心に位置するコンラッド東京。丸の内や六本木、秋葉原、新宿、池袋など主要ビジネス街へはもちろん、空港へのアクセスも便利です。客室からは、レインボーブリッジや東京湾、浜離宮の緑を眺めることができ、都心のウォーターフロントというロケーションならではの景色を満喫できます。明治神宮や浅草といった観光スポットへの交通も便利。インターナショナルホテルとしてのサービスも充実しており、外国からのお客様を招く際にも最適です。

住所:東京都港区東新橋1-9-1

https://www.conradtokyo.co.jp/

あなたにあったオフィスを選ぶために

「自分に合ったオフィスの選び方がわからない」
「賃料はできるだけ格安がいい」
「レンタルオフィスとバーチャルオフィスの
メリット・デメリットは?」
「シェアオフィスとの違いは?」など、
これから賃貸オフィスを借りる方の
素朴な疑問にお答えするコラムです。

コラムを見る

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスの定義をご存知でしょうか?これから起業したり事業を始めようと考えている方なら頻繁に耳にする言葉だと思います。レンタルオフィスとは、業務に必要なデスクや椅子、キャビネットなどを部屋に完備した貸しスペースのことで、主に個室の形態をとります。 一人〜複数名利用が可能であり、執務空間に家具などがそろっているため、ビルオーナーと賃貸借契約を結んで事務所を構えるよりも、初期コストを抑えることができます。また、敷金・礼金、共益費などもかかりません。月額料金内で受けられるサポートやサービスも、「フロアに有人の受付がある」「レディース専用ルーム」「会議室や共有スペースが利用可能」「社名の掲出が可能」などプランによってさまざま。法人登記や住所利用ができる場合もあります。 そのため、レンタルオフィスは起業やスタートアップを考える人にニーズが高い傾向。レンタルオフィスを選ぶ際は、ご自身のビジネスに合った設備やプランを比較・検討してみることをおすすめします。

Contact お問い合わせ

まずはご自身で見てご確認ください。
見学・資料のお問い合わせはこちらから

電話から問い合わせる

0120-584-109

0120-172-109

0120-138-109

0120-472-109

0120-063-109

0120-018-109

0120-088-109

受付時間 8:00~20:00 ※休館日を除く

受付時間 平日 9:00~22:00、土曜・日曜・祝日 9:00~18:00
※休館日を除く

受付時間 8:00~20:00 ※休館日を除く

受付時間 平日 7:00~21:00、土曜 10:00~18:00 ※休館日を除く

受付時間 8:00~20:00 ※休館日を除く

受付時間 8:00 - 20:00 ※休館日を除く

受付時間 8:00 - 21:00、土曜 10:00~18:00 ※休館日を除く

0120-584-109

受付時間 8:00 - 20:00 ※休館日を除く