コラム

住所登記利用が可能『アドレス会員』

最近、『バーチャルオフィス』と言う言葉を耳にする機会が増えていませんか?一般的にいわれるバーチャルオフィスとは、レンタルオフィスのように実態のある執務空間を借りるのではなく、住所や登記用のサービスのみを利用するオフィス形態です。

特徴は?

一般的にいわれるバーチャルオフィスとは、どんな形態のオフィスなのでしょうか。主な特徴を挙げてみました。

住所の利用ができる
バーチャルオフィスのサービスを提供する店舗の住所を、自社の名刺やホームページに記載することができます。オプションとして電話番号が利用できる場合もあります。

登記ができる
会社設立にあたって必要な法人登記も、バーチャルオフィスの住所で手続きすることができます。

業務スペースや専用ポストを持たない
レンタルオフィスと違い、バーチャルオフィスは専用の個室やコワーキングスペース、郵便物を管理する専用ポストを持ちません。

メリットは?

一般的にいわれるバーチャルオフィスにはどのようなメリットを打ち出しているのでしょうか。

ビジネス用の住所が利用できる
基本的に「住所貸し」を目的としているため、提供される住所は東京、八重洲、日本橋、銀座、青山、渋谷、新宿、赤坂、六本木、恵比寿、新橋、秋葉原、池袋…など、都内でも屈指のビジネス街にあることがほとんど。会社の立ち上げ当初は売上規模も小さく、このようなエリアに事務所を構えるのは通常難しいものです。でもバーチャルオフィスなら、非常に格安料金で住所を利用することができます。ビジネスは信用が大切なため、こうした住所を持つことは会社のブランド力を上げるという意味でも重要です。

コストを削減できる
ビルオーナーと契約して賃貸オフィスを借りる場合、敷金・礼金・保証金をはじめ、内装工事、インターネット・電話回線の導入、業務に必要なデスク・チェアやOA機器の購入など、相当な初期費用がかかります。さらに、都心に事務所を構えるとなると、月額の賃料も高額になるでしょう。自宅やカフェなどで仕事ができる場合は、バーチャルオフィスを利用してオフィス開設にかかる初期費用やランニングコストを大幅に削減できます。

プライベート情報を開示しなくていい
フリーランスや起業したばかりの個人事業主の場合は、自宅をオフィスとして使用するケースも少なくありません。そんなとき、困るのは名刺やホームページに記載する情報。できることなら、自宅の住所や電話番号といったプライバシーに関わる情報は載せたくない、という方も少なくないでしょう。その点、バーチャルオフィスなら、ビジネス用の住所・電話番号が使えるため、女性でも安心してビジネスを開始できます。

ビジネスエアポートの登記・住所利用について

ビジネスエアポートのアドレス会員はバーチャルオフィスではありません。仮想ではなく実際に使える専用のポスト兼ロッカーや社名プレートを備えた上で、法人登記や名刺やホームページ等に住所利用が可能。さらに上質なコワーキングスペースも利用できます。安心・信頼をベースとしつつ、コストも重視した住所利用とワークスペースをお探しの方にはおすすめです。

ビジネスエアポートのアドレス会員の特徴

  • 立地
    都内屈指のビジネス街に店舗をかまえており、最前線を行くビジネスパーソンに最適なロケーションと信頼性。駅からも近く、複数路線を利用できる。加えて、ビジネスエアポート全店のシェアワークプレイス(コワーキングスペース)が使えるのもポイント。
  • 空間
    国際空港のビジネスラウンジを思わせるスタイリッシュかつゆとりあるワークスペースには、こだわりの高級家具を採用。全店舗に備えた充実のライブラリーは、個性的なラインナップが魅力的。新聞や雑誌、マーケティング関連の書籍は、多忙なビジネスパーソンにとっても貴重なインプットとなります。また、上質な会議室も全店舗に完備されています。
  • サービス
    コワーキングスペースであるシェアワークプレイス(共用ラウンジ)にはコンシェルジュが常駐し、来客時のご案内から会議室でのティーサーブ、その他さまざまなお困りごとまで決め細やかなサポートを担っております。
  • 共創の場
    ビジネスエアポートのコワーキングスペース(シェアワークプレイス)は、「あらゆるビジネスパーソンにとっての交流の場であり、飛躍のためのチャンスに出会う場」。実際の業務スペースや商談スペースを持たない一般的なバーチャルオフィスとは大きく異なります。加え、募集数を限定し厳選な審査の上、実際の働く場所と住所利用をセットとしたサービスである事がポイントです。
    また、各店舗では異業種交流イベントが開催され、たまたま隣に座った人と交わした何気ない会話から、思いもかけないビジネスチャンスが生まれることも。
  • 料金
    ビジネスエアポートなら、会議室やシャワー利用などのオプションサービスを除き、社名プレートや郵便ポスト兼ロッカーを含む全てがご契約時の月額料金に含まれます。シンプルな料金体系かつコストパフォーマンスが良い、ビジネス環境をご提供しております。起業をお考えの方、スタートアップの方にも安心してご利用いただけます。

 

【Bussiness-Airportの登記・住所利用について】
▶︎ https://business-airport.net/plan/registration/

Contact お問い合わせ

まずはご自身で見てご確認ください。
見学・資料のお問い合わせはこちらから

Webから問い合わせる

お問い合わせフォーム

電話から問い合わせる

各店舗の電話番号はこちら

各店舗フリーダイヤル一覧

青山店
0120-172-109
品川店
0120-138-109
東京店
0120-472-109
丸の内店
0120-584-109
六本木店
0120-063-109
神田店
0120-018-109
新橋店
0120-088-109
渋谷南平台店
0120-879-109
※開業までは青山店に入電いたします